老後の悩み

膝の不調の改善を図って、将来の寝たきり、認知症の予防に!

投稿日:

最近、右の膝とそのうえの太もも付近の調子が悪いのです。

具体的には、膝の違和感があって、なんとなく、右足の運びが悪い気がするわけです。階段などを上がろうとすると、右側だけが重たい感じなのです。見た目、腫れているとか、熱を持っているとか、そういったことはないのですが、なんだか強く違和感があるわけです。

もともと、老後のことを考えて、ではなく、コレステロール値が気になり、健康のためにと始めたジム通いですが、それにすっかりはまってしまって、エアロビクスに励んでいるから、膝に負担がかかったのかもしれません。

ですが、それだけではなく、いわゆる変形性膝関節症という、お年寄りに多い、膝の変形が始まっているのかもしれません。この病気になると、痛みが強くなって、手術が必要となり、人工関節を入れないといけなくなる恐れがあります。

そのようなことになると、まず、大好きでストレス解消となっているエアロビクスができなくなります。普通にジムに通い、プールのなかでのウォーキングをするといったことはできるでしょうし、むしろ、しないといけないのでしょうけど、エアロビクスができなくなると、ストレスがたまってしまい、気がおかしくなりそうです。そういったメンタル面だけではなく、フロアに座っている時間も多い生活面も見直す必要がありますし、出不精になってしまって、寝たきりになってしまったり、結局刺激が少なくなり、認知症へ、となってしまうのではないか、なんて言うことも考えたりします。そのため、今の膝の不調を何とかしないといけないと考えています。

対策としては、まずは、病院に行くが一番、それはわかっているのですが、下手に病院に行くと、エアロビクスを止められそうで、それはそれでいやだから、行きたくありません。だいたいにして、病院嫌いなものですから、特に行きたくないわけです。

で、行っていることとして、大好きなエアロビクスの本数を調整することを始めました。10年前と全く同じ内容でエアロビクスをしていましたが、体力は落ちていることを考えると、膝にも余計な負荷がかかっていた、と考えてもおかしくありません。ですので、1日2~3本参加していたスタジオプログラムを1本だけにしてみました。さらに、エアロビクスをするときには、膝にサポーターをつけてみることにしました。そうしたところ、かなり膝の調子が上向いてきました。また、太ももの筋肉をつけるための、筋トレも開始してみました。

くわえて、膝にいいといわれるサプリメントの内服を始めてみました。この効果はわかりませんが、飲まないよりは絶対にましだろう、そう信じています。

これらを継続することによって、膝の不調の改善、将来の寝たきりとか認知症予防につながるのではないか、と思っています。

-老後の悩み

Copyright© 老後の悩みが絶えないぞ , 2018 AllRights Reserved.